ノニジュース 健康食品

ノニジュース 健康食品

新しい世界のために航海に行くとき、生命にとって不可欠である植物として
1つ(ポリネシアの祖先)はカヌーのノニを使います。
そして、それをポリネシア諸島へ運んだと言われます。
果物は、健康管理の食物として、いつも食べられました。

ノニの熱帯地域の、実際、ノニ食物の果物を作った文書が記録される
長い時の食物として、それが使われました。
タヒチ生まれの人が1700年代後半にノニの果物を食べたという事実を
海軍のキャプテンであったジェームズ・クックは、書きとめます。
そのうえ、フィジー諸島生まれの人が1866年にロンドンで本を出版してノニの果物を食べたと述べます。
さらにまた、ノニの果物は太平洋信託統治諸島と東南アジア、オーストラリア
インドで食べられます。
そして、使われたことは後の出版物で見かけます。
土地の人がラロトンガで定期的にノニの果物を使ったことは、書きとめられます。
オーストラリアの現地の原住民がノニの果物が好きだったと報告されます。
ノニの果物がいつも食べられたことは、サモアで書きとめられます。
1943年に島のポリネシアのグループで自然と有毒なハーブをしている食用の植物について
メリルは解説本を書きます。

copyright(C)ノニジュース